ぼくとX-Pro2

モノクロ写真、時々カラー写真で送るぼくとX-Pro2とのお散歩雑記。Twitter:@ryojinosukeee

寒空 -今週のお題「芸術の秋」-

20171111_03.jpg

今週のお題「芸術の秋」

芸術の秋。

秋ということで紅葉を...と思いましたがなんとなく安直な気がして避けた。

 

ある活動や作品が芸術であるか否かについて、必ずしも誰もが同意する基準があるとは限らない。表現者側では、その働きかけに自分の創造性が発揮されること、鑑賞者側ではその働きかけに何らかの作用を受けることなどが芸術が成り立つ要件とされる。

芸術 - Wikipedia

 

写真を撮って家に帰り、見返すたびに毎回考える。

自分の撮りたい写真とは?

自分にしか撮れない写真とは?

自分の創造性は発揮できているのか?

"創造性が発揮されること"正にこの点である。

そして、自分の撮った写真を見た人に何か作用を与えられているのだろうか?

これからもずっとこのことを考えながら撮っていくのだろう。

そのことを考え続け、自分なりの答えとして作品を常にアウトプットしていく。

その過程こそが芸術ではないか。

それが自分なりの答えだ。

ということで、これからも撮り続けていこう。

20171111_02.jpg

 

夏も去り

20171104_07.jpg

海の家も無くなり夏本番が終わった江ノ島

江ノ島稲村ヶ崎の浜辺を歩くのが大好きです。

20171104_08.jpg

浜辺を歩いていると色んなことをしている人が居て、それを観察するのがとても楽しい。

20171104_14.jpg

静かに賑わう浜辺の景色が戻ってきて嬉しい。

20171104_11.jpg

良い光景だとぐっと来ました。

 

おわり。

 

良い日、良い陽

20171103_02.jpg

久々に陽の光の中でまともにスナップが出来た休日でした。

あてもなくふらっと日比谷公園の周りを歩いていたのですが、やたらと警察の人が多かったです。

それもそのはずで、帝国ホテルがありましたもんね。

20171103_01.jpg

良い陽と言いつつビルの谷間の日陰にて、年季の入った出前自転車。

色んな所で独自にカスタムされた出前用途の自転車を見ますが、つい撮ってしまいます。

 

自転車旅行とかしたいです。

と言うより旅がしたいと日々考えております。先週思いましたが、やはり週5も働きたくない。

写真で食っていけないかな...

おそば

Kamosoba

土砂降りの中逃げ込んだ先での鴨つくねそば。-新丸ビルにて-

 

何故こうも土日に悪天候なのか、嫌がらせとしか思えない天気の采配。

それでもX-Pro2とともに外へ繰り出した週末でした。

雨の中でも気合でスナップ...と行くつもりでしたが、流石に台風が迫りくる中の雨模様ではそれも難しく。。。

思い返しても10月の土日は陽に恵まれなかったと思います。

殆ど料理の写真と言うのは店先で撮らないのですが、満たしきれない写欲にかられつい撮った1枚でした。

秋をすっ飛ばして冬が来そうな気配を感じますが、11月は天気が落ち着いてくれることを願っております。

 

 

 

 

 

人気(ひとけ)

Stair

人がごった返す東京の新宿。

そんな場所でも意外と意識すれば人が居ない場所というのはあるものだなと。

あいにくの雨で太陽はお留守でした。

太陽光が無いときは暗めの地下道なんかを歩いてると面白いトーンを見つけられた利します。

 

階段ってついつい撮ってしまいます、対称性があるものって面白いです。

こんな日でも

Tokyo

台風の上陸が重なる土日。

誰も写真を撮りに行かない(そもそも家から出たくはない)様な日だからこそ、自分だけは何かを撮りに行く。

もしかしたら、誰も見たことのない光景が見られるのではないか、そんな可能性を信じて...。

生まれつつある新しい高層ビルとすっかり旧世代の東京タワー。

そんな対称性を頭にイメージして撮ってみました。

(まさか展望台の高さまで隣のビルが建築中だとは思ってなかった。)

 

 

インスタント酒場

Sakaba

酒を手にし、語らう相手がいればそこはもう酒場。

私もお酒は大好きですが、流石にこれはすげえと思いました。

モラルとかそういうのは一旦おいておいて、こういうの好きです。

新宿はやっぱおもしろい。